豊田市の矯正歯科専門医


埋伏歯

※本人もしくは保護者の了解を得た症例のみを掲載しております。

 

埋伏歯の場合

 

O.Kくん(男性)

主訴: 歯の埋伏
診断: 歯牙腫により下顎左側犬歯が埋伏した症例
初診時年齢: 10歳4か月
装置名: 牽引用リンガルアーチ マルチブラケット装置
抜歯非抜歯: 非抜歯
治療期間: 2年4か月
症例の概要: 歯牙腫により、下顎左側犬歯が骨内に埋伏していた症例です。下顎に埋伏歯を牽引するためのリンガルアーチを装着し、口腔外科にて歯牙腫を摘出した後、埋伏歯の牽引を開始しました。埋伏している位置が深かったため、犬歯を口腔内に萌出させるまでに1年以上を要しました。その後マルチブラケット装置を使用し、上下顎の歯列の改善を図りました。
治療費: こちら
リスクと限界: こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんどう矯正歯科

Copyright(c) KONDOH Orthodontic Office. All Right p>

表示: モバイル | パソコン