豊田市の矯正歯科専門医


受け口

※本人もしくは保護者の了解を得た症例のみを掲載しております。

 

受け口さんの場合

 

N.Hさん(女性)

主訴: 受け口
診断: 上顎後退を伴う下顎前突
初診時年齢: 11歳2か月
装置名: クアドヘリックス フェイシャルマスク マルチブラケット装置
抜歯非抜歯: 非抜歯
治療期間: 2年4か月
症例の概要: 小児期より反対咬合で、そのままにしていたらだんだんとひどくなってきたことを心配され、来院された患者さんです。上顎をクアドヘリックスにて拡大した後、上顎前歯部にブラケットを装着し、そこからフェイシャルマスクを使用して、上顎を前方へ牽引しました。その後マルチブラケット装置を使用し、非抜歯にて咬合の改善を図りました。
治療費: こちら
リスクと限界: こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんどう矯正歯科

Copyright(c) KONDOH Orthodontic Office. All Right p>

表示: モバイル | パソコン